ヤマダストアー

地球環境の保全

食品の透明性を高め、
意識的な消費をするお手伝いをすることが
ヤマダの責任と考えています

次世代の食品小売業の責任

次世代の食品小売業の責任

私たち人類は稲作来、地球を消費して生きています。地球を消費して生きている以上、安易に持続可能という言葉を使うことはヤマダはおこがましいことだと考えていますが、「食の来由を訪ねる取り組み(息子の肉)」の項でもお伝えした通り私たちが何をどのように消費しているのか見つめることは重要だと思っているし、食品の透明性を高め意識的な消費をするお手伝いをすることがヤマダの責任と考えています。しかし、まだそれだけでは足りません。私たち、食品小売業が地球に負荷を与えて成り立っている以上、私たちの代わりに環境保全活動を行う団体に私たちが寄付をすることは必然であり、それは私たちの「環境税」であると考えています。

ヤマダストアー新辻井店の例

ヤマダストアー新辻井店の例

ヤマダストアーはオオサンショウウオを守りたい。市川の源流、黒川渓谷に「魚ケ滝」という景勝地があるのはご存知でしょうか?ここは本当に素晴らしい場所で、自然が作り上げた芸術的ともいえるバランスのとれた景観、深さ数十メートルはある天然のダイビングスポットを備え、朝来群山県立自然公園随一の景勝地と言われています。この魚ケ滝に当社従業員が子供と一緒に出掛け、ダイビングした際その滝壺になんと「オオサンショウウオ」が寝そべっていたのです!人工的に作られたレジャー施設では絶対に味わえないこの感動と驚きは、当社従業員とその家族を自然の素晴らしさと壮大さを再度認識させるとともに、この自然をいつまでも守っていきたいという意識を新たに植え付けました。そして新辻井店と朝来市のNPO法人「日本ハンザキ研究所」との出会いが生まれたのです。

私達が応援したい団体

私達が応援したい団体

すべての変革は常に下から起きています。国や県などの助成金をあてにした活動は、私たちが思うところ本末転倒になることがしばしばで社会変革を起こすような力に繋がらないと考えています。私たちはそれよりも小規模でも自分たちの手と足で活動し、真の意味で自立した団体を応援したいと考えています。ヤマダストアーは非上場企業であり、株主の意向に左右されない強い独自性を保っています。成果を計測可能で、目標があり地元の理解も得ているようなNPO団体様があれば是非、ヤマダストアーまでご一報ください。兵庫県内の団体様であれば審査の上、応援のご検討をさせていただきます。

ロンボ池

生物多様性を守る

近年全国的に赤とんぼ(正式名称アキアカネ)の生息数が20年前と比較すると約1000分の1に激減していると言われています。その原因は様々なことが考えられますが、野生生物の重要な生息地である農地の環境変化が大きいと言われています。農地は赤とんぼや蜂にとっても重要な生息地であり、その農地の近くに野生の花を植えたり、飼育箱を設置することや、有害な化学物質を控えていくことがますます重要になってきています。

チャンポンめん

ヤマダストアーができること

NPO法人「たつの・赤トンボを増やそう会」は、童謡「赤とんぼ」の作詩者の生誕地であるたつの市で、トンボが生育しやすい農地の確保や生息数調査などの赤トンボの保全活動をされています。ヤマダストアーは、地域の環境保全活動を学ぶための社員研修の一環として、保全活動の現場を視察させていただいたこともあります。私達はそのような保全活動を行っている団体を応援することで、地域の生物多様性の保全や地域環境の保全に繋がると考えました。そこで、ヤマダストアーとたつの市に本社を置く製麺会社イトメンさんがコラボした「ヤマダのチャンポンめん」の売り上げの一部を、NPO法人「たつの・赤トンボを増やそう会」に寄付することで活動を応援していきたいと考えています。
・NPO法人「たつの・赤トンボを増やそう会」